コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法明尼(1) ほうみょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法明尼(1) ほうみょうに

?-? 6世紀末ごろの尼僧。
「元興寺伽藍縁起并流記資財帳」によると,敏達(びだつ)天皇13年(584)蘇我馬子(そがの-うまこ)の求めに応じて播磨(はりま)(兵庫県)からきた高句麗(こうくり)(朝鮮)の老還俗(げんぞく)尼。司馬達等(しば-たつと)の娘の善信尼ら3人に仏教をおしえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

法明尼(1)の関連キーワード尼僧

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android