コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法書要録 ほうしょようろく

百科事典マイペディアの解説

法書要録【ほうしょようろく】

中国の書道に関する文献集。唐代に張彦遠(げんえん)が編纂(へんさん)したもので,後漢から唐の9世紀初めまでの文献を収録。中国書道史研究上最も重要な資料の一つ。
→関連項目歴代名画記

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしょようろく【法書要録 Fǎ shū yào lù】

中国,唐の張彦遠の撰。10巻。後漢の趙壱の《非草書》から唐代の808年(元和3)に成った盧元卿の《法書録》に至るまで,書に関する古今の文献39篇を集成したもの。目録には計42篇を挙げるが,《王羲之教子敬筆論》《蔡惲書無定体論》《顔師古註急就章》《張懐瓘六体書》の4篇は文章を収録せず,〈伝授筆法人名〉は目録にはなくて,巻一の本文の中に文章が収められている。内容は,王羲之・王献之の書に関するもの,南朝の書論,唐代の伝統派の書論と書跡の収集に関するものなどである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の法書要録の言及

【張彦遠】より

…博学で文章をよくし,書画に巧みで,とくに鑑識に長じた。《法書要録》10巻を編して,漢から唐に至る書論を集成し,《歴代名画記》10巻を著して,画史画論を展開し,画人の伝記を詳述した。いずれも唐代以前の書画の歴史を研究するうえで最も重要な古典である。…

※「法書要録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法書要録の関連キーワード十七帖徐浩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android