コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法爾 ホウニ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐に〔ホフ‐〕【法×爾】

仏語。
真理にのっとって本来あるがままであること。あるがままの姿。自然(じねん)。法然(ほうねん)。
浄土真宗で、自力を捨て、阿弥陀仏の願力のままに計らわれていること。法然(ほうねん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうに【法爾】

〘仏〙
諸物がその性質のとおりにあること。ありのままの姿にあること。自然じねん。法然ほうねん
浄土真宗で、阿弥陀仏のはからいのままにあること。自然じねんと組み合わせて、あるがままの姿が阿弥陀仏の救済の中にあると解する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法爾の関連キーワードハルマ辞書親鸞(僧)今村 恵猛江戸ハルマはからい虎関師錬安達泰盛和蘭字彙三帖和讃末燈鈔蘭学諸物他阿意天自然

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android