コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波羅夷 はらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

波羅夷
はらい

仏教用語。サンスクリット語 pārājikaの音写で,戒律のなかで最も重い罪のこと。部派仏教では比丘に四波羅夷があり,,盗,殺,妄の4つの罪を犯した者は懺悔しても許されない。比丘尼にはさらに触,八事,覆,随の4つを加えた八波羅夷がある。大乗仏教では教典により内容,数が異なるが,菩薩の四波羅夷や,『梵網経』『大日経』などの十戒をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はらい【波羅×夷】

《〈梵〉pārājikaの音写。極悪・重禁・断頭と訳す》仏語。戒律のうちで最も罪の重いもの。ふつう婬戒・盗戒・殺人戒・大妄語戒の四つをさす。犯した比丘・比丘尼は教団から追放される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はらい【波羅夷】

〘仏〙 これを犯すと教団から追放され、僧尼としての身分を奪われる規則。最も重い戒律であるから重禁ともいう。淫・盗・殺・妄(自分の宗教上の段階を偽ること)の四つが代表的。大乗仏教でも十波羅夷のほか、いくつかの数え方がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波羅夷
はらい

仏教の戒律でもっとも重い罪。サンスクリット語パーラージカprjika(他勝の意)の音訳で、根本罪、辺罪ともいう。修行者がこの罪を犯すと、僧伽(そうぎゃ)(出家教団)から永久に追放される。比丘(びく)(男性出家者)戒の波羅夷は、(1)淫(いん)(性交)を犯す、(2)物を盗む、(3)殺人(堕胎を含む)、(4)大妄語(だいもうご)(悟りを得ていないのに得たと嘘(うそ)をいう)の4条からなるが、比丘尼戒の波羅夷にはさらに4条が加わり、8条からなる。[平川 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

波羅夷の関連キーワード破戒(仏教)律(仏教)摩訶僧祇律不殺生戒身分規則平川僧残僧尼

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android