泣く子と地頭には勝てぬ(読み)ナクコトジトウニハカテヌ

デジタル大辞泉の解説

泣(な)く子と地頭(じとう)には勝てぬ

聞き分けのない子や横暴な地頭とは、道理で争っても勝ち目はない。道理の通じない相手には、黙って従うしかない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なくことじとうにはかてぬ【泣く子と地頭には勝てぬ】

ききわけのない子供や横暴な権力者の無理には従うほかはない。道理を尽くしても、理の通じない者には勝ち目がないことにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android