升田幸三(読み)ますだ こうぞう

デジタル大辞泉の解説

ますだ‐こうぞう〔‐カウザウ〕【升田幸三】

[1918~1991]将棋棋士。広島の生まれ。昭和32年(1957)名人位を獲得、王将・九段と併せて3タイトルを独占。独特の風貌と鋭い棋風により人気を博した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

升田幸三【ますだこうぞう】

将棋棋士。広島県生れ。木見金治郎八段門下。鋭い攻めに天才的ひらめきがあり,木村義雄との対戦は全国の人気を集めた。1957年,名人,王将,九段の3タイトルを獲得し,升田時代を築く。1959年永世九段,1979年引退,1988年実力制第4代名人の称号を受けた。同門に大山康晴がいる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

升田幸三 ますだ-こうぞう

1918-1991 昭和時代の将棋棋士。
大正7年3月21日生まれ。昭和7年木見(きみ)金治郎に入門。22年8段。27年第1期王将。32年大山康晴と第16期名人位をあらそい獲得。9段,王将もあわせ当時の全タイトルを独占した。「新手一生」がモットーだった。平成3年4月5日死去。73歳。広島県出身。著作に「名人に香車を引いた男」。
【格言など】一人前になるには五十年はかかるんだ。功をあせるな。悲観するな。もっと根を深く張るんだ。根を深く張れ(「私をささえた一言」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ますだこうぞう【升田幸三】

1918~1991) 棋士。広島県生まれ。豪放な棋風で知られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

升田幸三
ますだこうぞう

[生]1918.3.21. 広島
[没]1991.4.5. 東京
将棋棋士。木見金次郎9段門下。 1947年8段に昇進。 52年木村義雄名人を,次いで 56年大山康晴名人をいずれも半香に指し込み,しかも大山との香落ち番も破る史上初めての快挙をなした。 57年史上初の三冠王 (王将,九段,名人) 。 73年紫綬褒章を受ける。 79年病弱のため引退。「新手一生」の生涯であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

升田幸三
ますだこうぞう
(1918―1991)

将棋棋士。広島県三良坂(みらさか)村(現、三次市)の生まれ。1932年(昭和7)故木見(きみ)金治郎九段に入門。43年七段。軍隊生活6年、復員後46年(昭和21)木村義雄名人との平香交(ひらきょうまじ)り五番将棋に3連勝して新時代の端緒を開く。47年八段。第1期王将戦で木村名人を半香に指し込み、第5期に大山康晴名人を指し込み香落(きょうおち)番も勝つ。第16期名人戦で大山名人に勝ち、名人、九段、王将の3タイトルを独占した。「新手一生」を旗印に序盤戦術に優れ、新戦法を創案した。タイトル戦登場23回。73年紫綬(しじゅ)褒章受章。79年現役を引退。独特の雰囲気をもつ積極的な発言が注目された。現役時代、病気欠場がちを惜しまれた。[原田泰夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ますだ‐こうぞう【升田幸三】

将棋棋士。広島の人。昭和三二年(一九五七)に名人位を獲得、王将・九段と併せて三タイトルを独占した。格式にとらわれない独特の風貌と鋭い棋風で人気を博した。大正七~平成三年(一九一八‐九一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

升田幸三の関連情報