コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰演(2) たいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰演(2) たいえん

?-? 平安時代前期の僧。
大同(だいどう)(806-810)の末ごろ西大寺に住し,法相(ほっそう)宗を盛んにした。天下無敵の論客といわれ,ライバルである大安寺三論宗の安澄(あんちょう)と,宮中御斎会(ごさいえ)の内論義(うちろんぎ)で会うたびに論戦したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泰演(2)の関連キーワード桓武天皇桓武天皇桓武天皇平城天皇桓武天皇大同桓武天皇平城天皇平城天皇

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android