コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津島恒之進 つしま つねのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津島恒之進 つしま-つねのしん

1701-1755* 江戸時代中期の本草家。
元禄(げんろく)14年生まれ。松岡恕庵(じょあん)の門人。宝暦元年から大坂で本草会を毎年ひらき,のち江戸でひらかれるようになった同様の会の先がけとなった。弟子に戸田旭山(きょくざん),木村蒹葭堂(けんかどう)らがいる。宝暦4年12月13日死去。54歳。越中(富山県)出身。名は久成。号は如蘭,彭水(ほうすい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津島恒之進

没年:宝暦4.12.13(1755.1.24)
生年:元禄14(1701)
江戸中期の本草家。越中国高岡(高岡市)の酒屋照成の3男。母は妙泉。初称八良右衛門,名は久成,のち恒之進,号は彭水,如蘭軒また桂堂。京都に出て松岡恕庵に入門しその塾頭となる。宝暦1(1751)年ごろから毎年大坂に下り本草会を開催している。この会は数年しか続かなかったが,のちに本草家によって江戸や関西各地で開かれる薬品会(物産会)の先駆けとなった。薬品会は自然物の展示だけではなく,広い意味での知識の交流,啓蒙の場となり,明治中ごろまで続いた。門下から木村蒹葭堂,戸田旭山,木内石亭,福井楓亭らが出た。<著作>『攻玉本草』『異魚録』『和漢草木状』<参考文献>末中哲夫・遠藤正治「津島如蘭の墓碑と『津島家譜』について」(『啓迪』4号)

(遠藤正治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

津島恒之進の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)リスボン浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩スティールフェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android