コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津川日済 つがわ にっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津川日済 つがわ-にっさい

1811-1900 明治時代の僧。
文化8年生まれ。日蓮宗。金沢の充洽(じゅうごう)園で日輝にまなび,66歳で得度する。明治9年京都の本山妙顕寺の住職となる。新居日薩(あらい-にっさつ),吉川日鑑(きっかわ-にちかん)らとともに明治時代における宗門の改革につくした。明治33年2月死去。90歳。加賀(石川県)出身。俗名は済。号は竜華道人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津川日済の関連キーワードクライスト[各個指定]工芸技術部門エルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行カルル・フリードリヒ競技場古史伝

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android