津村秀夫(読み)つむら ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「津村秀夫」の解説

津村秀夫 つむら-ひでお

1907-1985 昭和時代の映画評論家。
明治40年8月15日生まれ。昭和6年朝日新聞に入社し,「Q」の筆名で映画評を担当。社会的な視点をとりいれた歯切れのよい批評で知られた。「アサヒカメラ」編集長をへて慶大,共立女子大の講師をつとめた。昭和60年8月12日死去。77歳。兵庫県出身。東北帝大卒。著作に「映画と批評」「溝口健二というのこ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android