コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津村秀夫 つむら ひでお

1件 の用語解説(津村秀夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津村秀夫 つむら-ひでお

1907-1985 昭和時代の映画評論家。
明治40年8月15日生まれ。昭和6年朝日新聞に入社し,「Q」の筆名で映画評を担当。社会的な視点をとりいれた歯切れのよい批評で知られた。「アサヒカメラ」編集長をへて慶大,共立女子大の講師をつとめた。昭和60年8月12日死去。77歳。兵庫県出身。東北帝大卒。著作に「映画と批評」「溝口健二というおのこ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津村秀夫の関連キーワード朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議複成片麻岩内褶曲新派劇木材工業グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津村秀夫の関連情報