コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田純一 つだ じゅんいち

1件 の用語解説(津田純一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田純一 つだ-じゅんいち

1850-1924 明治-大正時代の教育者。
嘉永(かえい)3年5月12日生まれ。津田耕烟(こうえん)の子。もと豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩士。慶応義塾福沢諭吉にまなぶ。明治7年アメリカに留学。11年帰国して兵庫師範校長。13年相馬永胤らの専修学校(現専修大)設立にかかわる。のち石川県専門学校教授,三重師範校長,大分県下毛郡立高女(現中津北高)初代校長などをつとめた。大正13年1月23日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

津田純一の関連キーワード天野勝市伊津野満仁太大津康佐々木吉三郎相馬永胤中島半次郎中村ユス早崎春香船田兵吾由比質

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津田純一の関連情報