コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津端道彦 つばた みちひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津端道彦 つばた-みちひこ

1869*-1938 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治元年12月10日生まれ。福島柳圃(りゅうほ),山名貫義(つらよし)らに師事。歴史人物画を得意とし文展や日本美術協会などで受賞をかさね,大阪天満宮襖(ふすま)絵なども手がけた。昭和13年4月3日死去。71歳。越後(えちご)(新潟県)出身。作品に「火牛」「真如」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津端道彦の関連キーワード白石邦彦

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android