コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津要玄梁 しんよう げんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津要玄梁 しんよう-げんりょう

1680-1745 江戸時代中期の僧。
延宝8年生まれ。陸奥(むつ)三戸(さんのへ)郡(青森県)階上(はしかみ)の応物寺(寺下観音)の住職となり,享保(きょうほう)15年八戸(はちのへ)藩主の病気快復をねがって灯明堂をたて,延享元年には五重塔を建立(こんりゅう)。詩文,和歌,絵,石仏彫刻にすぐれた。延享2年死去。66歳。通称は信行和尚。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津要玄梁の関連キーワード徳川家綱徳川家綱榎本弥左衛門覚書桃青門弟独吟二十歌仙難波鉦徳川家綱カメロンリーリー句合コメディ・フランセーズ