コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽じょんから節 ツガルジョンカラブシ

世界大百科事典 第2版の解説

つがるじょんからぶし【津軽じょんから節】

津軽地方の民謡。津軽三味線の伴奏で歌われる。語り物風の口説(くどき)の一種で,《津軽よされ節》《津軽おわら節》とともに〈津軽の三つもの〉と呼ばれる。越後の《新保(しんぼ)広大寺》の〈くずし〉が《殿さ節》《やんれ節》として元禄時代(1688‐1704)末に関東から東北にかけて流行し,これが《津軽じょんから節》の曲調を生んだという。曲調は3度変わり,現在の歌には原調は失われている。歌詞も古いものは方言色が濃い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

津軽じょんから節の関連キーワード津軽じょんがら節

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津軽じょんから節の関連情報