コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖水塊 だんすいかい warm‐core ring

2件 の用語解説(暖水塊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だんすいかい【暖水塊 warm‐core ring】

海洋中に散在する周囲より高温の海水の塊。ふつう,直径100kmから200km程度の円形状をなし回転運動を伴っており,暖水渦ともいう。かつては海洋はかなり大規模な範囲にわたって均質な性質をもつと考えられていたが,最近20年ほどの海洋観測法の進歩とともに,海洋にはさまざまな空間スケールと時間スケールの変動が存在することが知られるようになった。そのなかで最も顕著なのが黒潮湾流のような海流の変動によって生じる暖水塊と冷水塊である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暖水塊
だんすいかい
warm water mass

周囲より温度の高い海水の塊で、黒潮や黒潮続流、ガルフストリーム系にみられる直径200~300キロメートル程度の孤立水塊をいう。黒潮系を例にとると、暖水塊は、紀州沖、遠州灘(なだ)の大冷水塊ほど恒常的でなく、寿命も短い。黒潮、ガルフストリームなどが大きく蛇行する際、暖水を抱き込んだ渦が切り離されてできた孤立水塊と考えられる。全体として北半球では時計回り(高気圧性)に回転している。水平方向の広がりは冷水塊とほぼ同じだが、深さは冷水塊より浅いことが多い。
 「暖水域」という用語は、水温の偏差が平年値より高い海域をさす。孤立した暖水塊より面積ははるかに広い。エルニーニョ現象の際には、東太平洋赤道付近に広大な暖水域が広がる。[半澤正男・高野健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暖水塊の関連キーワード海水海洋学砂金高地散在高み凸起突起泥目海洋の酸性化

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone