コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活速祭 いきはやのまつり

2件 の用語解説(活速祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活速祭
いきはやのまつり

死杖祭 (しづえのまつり) ともいう。古代,刑死人のために毎年8月に行われた神事。のちに毎春行われる念仏会に代えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活速祭
いきはやのまつり

奈良時代以降、刑死人の供養(くよう)のために営まれた神事。死杖(しづえ)祭ともいう。京都・猪熊(いのくま)三条南にあった褐速(かちはや)神社において、刑部(ぎょうぶ)省で死罪となった刑死人の冥福(めいふく)を祈るために毎年8月に行われた。踊念仏などさまざまな鎮魂の儀が催された。京都・千本の引接(いんじょう)寺や壬生(みぶ)の地蔵寺の念仏会(ねんぶつえ)は、この祭りを受け継いでいるといわれている。[佐々木勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活速祭の関連キーワード賀茂祭後の政相嘗の祭大嘗の祭神嘗の祭道饗の祭宮口しづえ山口シヅエ殺意のまつりおおにえのまつり

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone