コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流連/留連 リュウレン

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐れん〔リウ‐〕【流連/留連】

[名](スル)遊興にふけって家に帰るのを忘れること。また、夢中になること。
「大二郎は待合千鳥(ちどり)に―して居たのである」〈木下尚江良人の自白

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流連/留連の関連キーワードロートレック周波数制御楳茂都流直流送電守武千句居続け詩酒月樵流す荒亡遊興提挈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android