コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃嘆 さんだん

世界大百科事典 第2版の解説

さんだん【讃嘆】

声明曲(しようみようきよく)の分類名。漢語讃梵語讃に対して和語でつづった讃美曲をいう。単に讃というときは前2者を指し,この讃嘆は通常含まない。《法華讃嘆》と《舎利讃嘆》が有名である。前者は〈薪ノ句(たきぎのく)〉とも称し,〈法華経を,わが得しことは……〉という詞章で,短歌形式の末句だけ2度繰り返す形式をとり,〈法華八講(ほつけはつこう)〉の五ノ座に用いる。後者は〈仏のおん舎利は遭ふこと難しや……〉という散文形式の詞章で,〈舎利講式〉に唱える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

讃嘆の関連キーワードサウンダリヤ・ラハリー三帖和讃草野心平往生講式報恩講造像記浄土宗知恩院散華和讃天人声明渇仰散花式衆天蓋飛天聖衆

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android