讃嘆(読み)さんだん

世界大百科事典 第2版の解説

さんだん【讃嘆】

声明曲(しようみようきよく)の分類名。漢語讃梵語讃に対して和語でつづった讃美曲をいう。単に讃というときは前2者を指し,この讃嘆は通常含まない。《法華讃嘆》と《舎利讃嘆》が有名である。前者は〈薪ノ句(たきぎのく)〉とも称し,〈法華経を,わが得しことは……〉という詞章で,短歌形式の末句だけ2度繰り返す形式をとり,〈法華八講(ほつけはつこう)〉の五ノ座に用いる。後者は〈仏のおん舎利は遭ふこと難しや……〉という散文形式の詞章で,〈舎利講式〉に唱える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android