コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄土三部経 じょうどさんぶきょう

5件 の用語解説(浄土三部経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄土三部経
じょうどさんぶきょう

無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の3仏教経典をいう。ともに,種々のけがれに染まったこの世の人々のために,釈尊が阿弥陀仏の救済を説いた経典。浄土三部経という名称は浄土宗の開祖法然に始るが,それ以来,親鸞の浄土真宗,証空の西山浄土宗,一遍の時宗などは,いずれもこの経典を宗派の根本聖典としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうど‐さんぶきょう〔ジヤウドサンブキヤウ〕【浄土三部経】

浄土宗浄土真宗などで最も重んじる三種の経典。無量寿経観無量寿経阿弥陀経

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょうどさんぶきょう【浄土三部経】

浄土教においてよりどころとする三つの経典。《無量寿経》(康僧鎧(こうそうがい)訳),《観無量寿経》(畺良耶舎(からやしや)訳),《阿弥陀経》(クマーラジーバ訳)をいう。阿弥陀仏信仰を説く経典は,以上のほかにも《般舟三昧経(はんじゆざんまいきよう)》などきわめて数が多いが,源空(法然)は《選択本願念仏集》において,〈法華の三部〉〈大日の三部〉などにならって,特に純粋に浄土信仰を説く上記3経を〈浄土の三部〉として制定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうどさんぶきょう【浄土三部経】

浄土門で尊重する三部の経典。すなわち、無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経の三つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄土三部経
じょうどさんぶきょう

浄土思想(阿弥陀仏(あみだぶつ)、極楽(ごくらく)の教え)を説く三部の根本経典。『無量寿経(むりょうじゅきょう)』2巻(康僧鎧(こうそうがい)訳)、『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』1巻(良耶舎(きょうりょうやしゃ)訳)、『阿弥陀経』1巻(鳩摩羅什(くまらじゅう)訳)を総称した名称。浄土思想を説く漢訳経論は約290部と非常に多いが、法然(ほうねん)(源空)はそのなかから上記の三経を選択して「浄土三部経」と名づけ、浄土宗の根本聖典とした。ついで、その弟子親鸞(しんらん)もそれらを浄土真宗の根本聖典とした。したがって、この名称は日本浄土教(浄土宗、浄土真宗)で使われる名称であるが、インド・中国浄土教でもこの三経はもっとも重要な経典として信仰され尊重されてきた。[柴田 泰]
『中村元・早島鏡正・紀野一義訳注『浄土三部経』上下(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浄土三部経の言及

【極楽】より

…これが仏教徒に西方観念のヒントを与えた可能性があるが,エリュシオンの〈西方〉の観念ももちろん元をたどれば太陽の没する方角につらなるだろう。【定方 晟】
[日本]
 阿弥陀仏とその浄土を語る経典のうち,《阿弥陀経》《無量寿経》《観無量寿経》を浄土三部経とよんでいるが,この三部経の成立および伝来の経過からすれば,阿弥陀信仰は紀元前に西北インドにおこり,1世紀に盛んとなり,それが中央アジアへもひろがり,3,4世紀ごろ阿弥陀仏や極楽を観想することがひろく行われ,これが中国に伝わり,中国では4世紀後半から5世紀以後に阿弥陀信仰が顕著となった。朝鮮半島へは6世紀後半に伝わり,日本には7世紀初めに伝来した。…

【浄土】より

…阿閦仏の妙喜は《維摩(ゆいま)経》にも説かれている。ついで東方の阿閦仏の浄土に対して,西方の阿弥陀仏の浄土としての極楽を説いた浄土経典たる《般舟三昧経》と《無量寿経》《阿弥陀経》《観無量寿経》のいわゆる〈浄土三部経〉が現れた。これらの浄土経典によれば,極楽は西方のはるか彼方に存在し,そこには七重の欄楯(らんじゆん)があり,車輪のごとき大きな蓮華の花の咲く蓮池があり,河川には浴場の階段があって,泥がなくて黄金の砂がまかれている。…

【浄土教】より

…ところで,《漢訳大蔵経》のなかで阿弥陀仏について説いている仏典は270余部で,大乗仏典全体の3割を占めていて,中国や日本では阿弥陀浄土の信仰が他の浄土教を圧倒して普及し,浄土教の名称を独占するかのごとき様相を呈するにいたる。この阿弥陀浄土をとくに説く浄土経典としては《般舟三昧(はんじゆざんまい)経》と《無量寿経》《阿弥陀経》《観無量寿経》のいわゆる〈浄土三部経〉がある。道安の弟子である東晋の慧遠(えおん)は,廬山の東林寺で僧俗123名と念仏結社,いわゆる白蓮社(びやくれんしや)の誓約をしたことで知られ,中国では慧遠を浄土宗(蓮社)の始祖と仰いでいる。…

【浄土教美術】より

…しかしここでは浄土教美術として最も隆盛をきわめた阿弥陀如来に関する浄土教美術を中心に述べる。
[中国]
 中国や日本において最も重用された阿弥陀の浄土を説く基本経典には《無量寿経》(通称大経),《阿弥陀経》(小経),《観無量寿経》(観経)のいわゆる浄土三部経がある。このうち前2経は2世紀末ごろのインド撰述経で,このころにはインドにおいて阿弥陀浄土信仰が成立していたものとみられるが,この当時の阿弥陀如来の遺品は確認されていない。…

【大無量寿経】より

…《無量寿経》《大経》とも呼ばれる。浄土教の根本聖典の一つで,《観無量寿経》《阿弥陀経》とともに〈浄土三部経〉を形成する。原題はサンスクリットで《スカーバティービューハSukhāvatīvyūha(極楽の荘厳)》といい,同題の《阿弥陀経》と区別して,〈大スカーバティービューハ〉と呼ぶ。…

※「浄土三部経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浄土三部経の関連キーワード準拠引拠教内三大部宗典信憑憑拠拠り所掛かり所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄土三部経の関連情報