コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄地 ジョウチ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ち〔ジヤウ‐〕【浄地】

清浄な土地。寺院などがある土地。
寺院で、塩・醤油など僧の食料を置く所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうち【浄地】

〔「じょうじ」とも〕
〘仏〙 清浄な土地。比丘びくが居住できる土地。寺院などのある土地。
僧侶の塩・醬油などを置く場所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浄地の関連キーワード吉田 登穀吉田登穀飛鳥僧侶土地

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android