コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅尾与六(初代) あさお よろく

2件 の用語解説(浅尾与六(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅尾与六(初代) あさお-よろく

1798-1851 江戸時代後期の歌舞伎役者。
寛政10年生まれ。大坂の子供芝居出身。江戸で名声をえたのち関西にもどる。文政13年与六を名のる。実悪(じつあく)を得意とし,親仁方(おやじがた)などをかね,とんぼ返りの名手であった。嘉永(かえい)4年12月9日死去。54歳。初名は浅尾丹平。前名は2代浅尾友蔵,浅尾内匠。俳名は一甫。屋号は浅田屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浅尾与六(初代)

没年:嘉永4.12.9(1851.12.31)
生年:寛政10(1798)
江戸後期,上方の歌舞伎役者。屋号浅田屋。俳名外山,一甫。3代目浅尾為十郎の門弟。浅尾丹平の名で子供芝居に出勤。文化11(1814)年大坂市川善太郎座で大芝居の初舞台を踏み,のち初代浅尾内匠,さらに天保1(1830)年に与六と改名。大芝居進出以降も中芝居,旅芝居をも勤め,三州(愛知県)吉田の興行中に没した。翌年の評判記で実悪大上上吉の位付けを得た。恰幅,男ぶりともよく,色気も含んだ大きな芸風で,敵役,実悪のほか立役,親仁形(老役)もこなした。また身軽で立ち回りにすぐれ「立の親玉」と称された。しかし中芝居では相手役に恵まれぬこともあって,「さらりとし過ぎて身に入らぬ」と難じられた。私生活では酒癖は悪いが男気のある人物だったという。名跡は明治前期に没した3代まである。

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅尾与六(初代)の関連キーワード歌舞伎子歌舞伎役者古今節小詰浅尾与六(2代)嵐雛助(2代)嵐雛助(3代)桐山紋次(3代)段助花井才三郎(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone