コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野応輔 あさの おうすけ

3件 の用語解説(浅野応輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野応輔 あさの-おうすけ

1859-1940 明治-昭和時代前期の電気工学者。
安政6年6月生まれ。明治24年逓信省電気試験所の初代所長。30年の長崎-台湾間の海底電線敷設工事や,日本最初の無線通信実験などを指導した。のち東京帝大,早大の教授。日本の電気通信育ての親ひとり。昭和15年9月23日死去。82歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。工部大学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浅野応輔

没年:昭和15.9.23(1940)
生年:安政6.3(1859)
明治大正期の電気工学者。近代日本の電気工学の基礎を築いた。備中国(岡山県)都窪郡の出身。明治14(1881)年工部大学校を卒業,同大学校教授となる。東京電信学校長を兼任,24年逓信省電務局電気試験所を創設,その長を歴任ののち,26年渡米。帰国後は東京市の電気事業を手掛け,29年には月島―金杉沖の無線通信実験に成功,このシステムは改良を重ねて33年には谷津―浦賀間29カイリ(53.7km)の通信を行うなど,マルコーニ(イタリア人電気技術者)の実験に匹敵する仕事を残した。また大隅(鹿児島県)―台湾間の海底電線敷設工事にかかわる。東大工学部教授,早大教授を務める。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅野応輔
あさのおうすけ
(1859―1940)

日本の無線工学の先覚者。岡山県出身。1881年(明治14)工部大学校電信科を卒業。同校助教授、東京電信学校長を経て、1891年逓信(ていしん)省電気試験所(現、独立行政法人産業技術総合研究所つくばセンター)創立以来1914年(大正3)まで同所の初代所長を務めた。この所長時代に1896年台湾海峡海底電信敷設工事、1897年日本最初の無線電信実験、1903年(明治36)水銀検波器の発明、電気単位の制定、ならびに電気用品の試験・検定の実施など多くの業績を残した。日本の初期無線研究の全般的指導者で、無線技術自立の貢献者といえる。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浅野応輔の関連キーワード新体制運動光の科学史オランダ文学ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画シーボルト難波抱節

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone