コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野高勝 あさの たかかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野高勝 あさの-たかかつ

1538-1613 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)7年生まれ。明智光秀につかえ,のち近江(おうみ)(滋賀県)大津城主浅野長政の子の長満(のちの幸長(よしなが))の守役となる。慶長の役,関ケ原の戦いに出陣した。子孫は代々安芸(あき)広島藩家老をつとめた。慶長18年5月29日死去。76歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は堀田。初名道世。通称は助左衛門,孫左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浅野高勝の関連キーワードシェール・シャーロマノフ朝ロマノフ朝足利義明足利義明ストラスブール大学パラケルスス新庄直頼ガリレイロマノフ朝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android