コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅香久敬 あさか・ひさたか

1件 の用語解説(浅香久敬の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

浅香久敬

没年:享保12.2.5(1727.3.27)
生年:明暦3(1657)
江戸前・中期の国学者。加賀(金沢)藩士。前田綱紀に仕えた。国史,国文,神道に通じていた。浅香山の古歌にちなんで山井と号す。15年の歳月をかけて『徒然草諸抄大成』20巻(1688)を完成し,藩主に呈した。同書は江戸時代を通じて最大の『徒然草』注釈書である。

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

浅香久敬の関連キーワードエカチェリーナジョージ布屋次兵衛エカテリーナジョージ光琳模様平成の大合併趙翼那波魯堂ニュートン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone