コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅香久敬 あさか・ひさたか

1件 の用語解説(浅香久敬の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

浅香久敬

没年:享保12.2.5(1727.3.27)
生年:明暦3(1657)
江戸前・中期の国学者。加賀(金沢)藩士。前田綱紀に仕えた。国史,国文,神道に通じていた。浅香山の古歌にちなんで山井と号す。15年の歳月をかけて『徒然草諸抄大成』20巻(1688)を完成し,藩主に呈した。同書は江戸時代を通じて最大の『徒然草』注釈書である。

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅香久敬の関連キーワード安部和貞堤盛尹名倉安興宮後朝貞藤波氏守松木満彦国学者田中定顕田中式如田中躬之

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone