コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦島の子 ウラシマノコ

大辞林 第三版の解説

うらしまのこ【浦島の子】

浦島伝説の主人公。丹後国の漁師といわれる。亀に連れて行かれた海中の竜宮で乙姫に歓待され、三年の月日を過ごし、玉手箱をもらって故郷に帰るが、乙姫の禁を破って玉手箱を開けると白煙がたちのぼり、老人になったという。「日本書紀」「丹後風土記」「万葉集」「御伽草子」などにみえ、「御伽草子」以降動物報恩譚の要素が加わり、現在知られる形になった。浦島太郎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浦島の子の関連キーワード開けて悔しい玉手箱弟姫・乙姫御伽草子浦島伝説玉手箱乙姫猛る

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android