コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦島の子 ウラシマノコ

2件 の用語解説(浦島の子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うらしま‐の‐こ【浦島の子】

浦島説話の主人公の漁師。丹後国筒川(つつかわ)の人で、水の江(え)の浦島の子ともいう。→浦島説話浦島太郎

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うらしまのこ【浦島の子】

浦島伝説の主人公。丹後国の漁師といわれる。亀に連れて行かれた海中の竜宮で乙姫に歓待され、三年の月日を過ごし、玉手箱をもらって故郷に帰るが、乙姫の禁を破って玉手箱を開けると白煙がたちのぼり、老人になったという。「日本書紀」「丹後風土記」「万葉集」「御伽草子」などにみえ、「御伽草子」以降動物報恩譚の要素が加わり、現在知られる形になった。浦島太郎。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone