コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦川和三郎 うらかわわさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦川和三郎
うらかわわさぶろう

[生]1876.4.6. 長崎
[没]1955.11.24. 仙台
カトリックの司祭,著述家。 12歳で長崎公教神学校に入り,司祭への道を歩んだが,日露戦争に出征,帰還して 1906年司祭に叙階。 09~18年長崎市大浦教会主任司祭をつとめたのち,長崎公教神学校教授,同校長を歴任。 37年長崎教区地区長,42年司教。さらに仙台教区長 (1914~53) として,第2次世界大戦中は困難のなかにあってカトリック教徒を守り,戦後は外国宣教会を招致して教勢の進展に努めた。多くの信仰書のほか,キリシタン研究に開拓的業績を残した。主著『切支丹の復活』 (2巻,27~28) ,『浦上切支丹史』 (43) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦川和三郎 うらかわ-わさぶろう

1876-1955 明治-昭和時代のカトリック神父。
明治9年4月6日生まれ。39年司祭となる。長崎大浦天主堂主任司祭などをへて昭和3年母校の長崎公教神学校長。17年仙台司教。キリシタン史の研究で知られた。昭和30年11月24日死去。79歳。長崎県出身。著作に「五島キリシタン史」「東北キリシタン史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浦川和三郎の関連キーワードジラール(Prudenceディエゴ・デ・サン・フランシスコ浦上四番崩れ高木仙右衛門カルバリヨマリア観音昭和時代後藤寿庵久賀島明治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦川和三郎の関連情報