コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦靱負 うら ゆきえ

2件 の用語解説(浦靱負の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦靱負 うら-ゆきえ

1795-1870 江戸時代後期の武士。
寛政7年1月11日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。弘化(こうか)4年江戸家老となり,ついで国家老や加判役をつとめる。元治(げんじ)2年隠居後も藩政に影響力をもち,革新派を支持した。その日記62巻は幕末維新史の貴重な史料となっている。明治3年6月1日死去。76歳。本姓は国司(くにし)。名は元襄(もとまさ)。通称は別に備後。号は慎斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うらゆきえ【浦靱負】

1795‐1870(寛政7‐明治3)
幕末の長州藩士。名は元襄。重臣国司信濃就孝の子。藩内阿月に知行地を持つ寄組士浦家に入り,家老,加判役などの要職を歴任して隠退したが,1862年(文久2)長州藩の国事斡旋に際し,再登用され,京都,江戸で活躍した。63年,再び致仕して帰国,阿月に退いた。その公私日記62巻は,未刊行だが詳細,正確な維新史料として知られ,典拠として多く利用されている。【井上 勝生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浦靱負の関連キーワード秋山御風浅野五兵衛植村重遠尾崎理左衛門片山辰世鈴木宗休高田亘奈古屋登柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone