浮浪者取締法(読み)ふろうしゃとりしまりほう(英語表記)Vagrancy Acts

世界大百科事典 第2版「浮浪者取締法」の解説

ふろうしゃとりしまりほう【浮浪者取締法 Vagrancy Acts】

16世紀イギリスで大量に発生した浮浪者乞食に対する一連の残虐な抑圧立法。イギリスにおける浮浪者を取り締まる立法の歴史は,1348年の黒死病(ペスト)にを発した労働力不足に対応し労働可能な貧民物乞い処罰し施与を禁止した,エドワード3世治下,1349年の労働者条例までさかのぼることができる。マルクスをして〈血の立法〉といわしめた残虐な制度は,16世紀に入り浮浪者の弊害が激化した時期にみられる。たとえばヘンリー8世治下,1531年の立法では老齢者などの労働能力のない者には乞食の許可証を与えたが,強健な浮浪者に対しては鞭打ち後,出身地に送還させる措置をとり,さらに1536年法では公然と施しを乞うべからずという立場から従来の措置を強化し,再逮捕浮浪者は鞭打ちのほか耳を切り取るなどの処罰に改めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android