コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底軍事利用禁止条約 かいていぐんじりようきんしじょうやく

2件 の用語解説(海底軍事利用禁止条約の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

海底軍事利用禁止条約【かいていぐんじりようきんしじょうやく】

1971年2月,米・ソなど40ヵ国余が調印に参加した条約。〈海底非核化条約〉ともいわれる。1970年12月の国連総会本会議が支持決議を採択し,1998年現在103ヵ国が参加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海底軍事利用禁止条約
かいていぐんじりようきんしじょうやく

正式には「核兵器及び他の大量破壊兵器の海底における設置の禁止に関する条約」Treaty on the Prohibition of the Emplacement of Nuclear Weapons and other Weapons of Mass Destruction on the Seabed and the Ocean Floor and in the Subsoil thereofで、海底非核化条約、海底核禁条約ともいう。日本を含めて1971年2月11日に署名され、72年5月18日に発効した。締約国は、核兵器、その他の大量破壊兵器、これらの兵器の貯蔵・実験・使用を目的とした構築物、発射設備その他の施設を、沿岸から12海里(約22キロメートル)以遠の海底に据え付けず、また置かないことを約束した。もっとも、沿岸から12海里以内の海底に沿岸国がこれらの兵器を設置することは禁止されていない。また、これらの兵器を装備した潜水艦が一時的に海底に停泊しても、据え付けや設置に該当しないから、この条約にいう禁止の対象とはならない。締約国は、この条約の義務に違反した疑いのある他の締約国の活動について、検証する権利を有する。[高林秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海底軍事利用禁止条約の関連キーワードソナチネ御供えそない供えソナグラムパーソナル備ふ見そなふ見そなはす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone