コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海桐花 トベラ

デジタル大辞泉の解説

とべら【海花】

トベラ科の常緑低木。本州以南の海岸に自生。葉は細長い倒卵形、革質でつやがある。雌雄異株。6月ごろ、香りのある花を密につけ、花の色は白から黄色に変わる。実は球形で、熟すと裂け、種子は赤褐色。枝や葉に一種の臭気があり、節分にこの枝を扉にはさんで鬼を防ぐ風習があった。庭木にもする。とびらのき。 花=夏 実=秋》「―咲き沖曇りくる水族館/白葉女」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海桐花 (トベラ・トベラノキ)

学名:Pittosporum tobira
植物。トベラ科の常緑低木・小高木,園芸植物

海桐花 (トベラ)

植物。石南花の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海桐花の関連キーワード植物

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android