コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老虹梁/蝦虹梁 エビコウリョウ

デジタル大辞泉の解説

えび‐こうりょう〔‐コウリヤウ〕【海×梁/××梁】

エビのように湾曲した虹梁。側柱と本柱など、高低差のある所に用いる。唐様建築の特色の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海老虹梁/蝦虹梁の言及

【唐様】より

…唐様という呼称も,チャイニーズ・スタイルそのものとの誤解を避けるため,現代では禅宗様と呼ぶことが多くなった。禅宗様建築の特徴は,(1)軸部の柱高が高く,貫(ぬき)を多用する,(2)組物は詰組といい,柱上のみでなく柱の間にもおく,(3)屋根の傾斜は急で,軒反(のきぞり)が強い,(4)大虹梁(だいこうりよう)を利用して構造柱を少なくし大空間をつくる減柱造,(5)虹梁上に大瓶束(たいへいづか)を用いる小屋組,(6)礎石と柱の間に礎盤(そばん)を入れる,(7)柱の上下端を丸く細める(これを粽(ちまき)という),(8)丈の高い頭貫(かしらぬき)と厚い台輪をめぐらし先端を繰形のある木鼻とする,(9)海老(えび)虹梁という曲線状の虹梁を用いる,(10)肘木(ひじき)は笹繰(ささぐり)をもち先端をまるめる,(11)垂木(たるき)は扇垂木という放射線状の配置にする,(12)内陣に鏡天井を使う,(13)窓や出入口の花頭曲線,(14)桟唐戸(さんからど)という桟で組んだ扉を使う,などである。ただ,現在みられる禅宗様建築はすべて14世紀以降のもので,13世紀に伝来した初期の遺構はない。…

【社寺建築構造】より

…禅宗様と大仏様では,下面に錫杖彫(しやくじようぼり),側面に袖切(そできり),眉(まゆ)と呼ぶ装飾を彫り込む。大仏様では太くて断面が円形に近く,禅宗様では断面が長方形で,側面にややふくらみがあり,繫虹梁には両端の高さの違う反転曲線状の海老(えび)虹梁を使う。また,禅宗様と大仏様では虹梁の根元に持送りの組物を使う。…

※「海老虹梁/蝦虹梁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海老虹梁/蝦虹梁の関連キーワード唐様建築エビ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android