コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虹梁 こうりょう

5件 の用語解説(虹梁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虹梁
こうりょう

虹形に上方にそり返った梁。社寺建築で下から見えるところに使う。両方の支点に高低があり,えび形をしたものをえび虹梁という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐りょう〔コウリヤウ|カウリヤウ〕【×梁/高×梁】

社寺建築における梁(はり)の一種で、虹のようにやや弓なりに曲がっているもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

虹梁【こうりょう】

(はり)の一種。虹(にじ)のようにそりがあることに由来する。母屋(もや)に掛けたのを大虹梁,廂(ひさし)の柱をつなぐ短いものを繋(つなぎ)虹梁,唐様建築などで高さの異なる柱をつなぐ湾曲の大きいものを海老(えび)虹梁などという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虹梁
こうりょう

日本建築で、中央が反り上がって弧状になる梁(はり)。古建築に多く用いられる。母屋の間に架けられるものを大(だい)虹梁、庇(ひさし)の間に架けられるものを繋(つなぎ)虹梁という。法隆寺回廊にみられるように、古式のものは円弧に近いが、時代が下るにつれて中央の反り上がりが少なくなり、両肩のみに丸みがつけられるようになる。この肩の丸みを鯖尻(さばじり)という。また、柱の外の梁の端は古くは平坦(へいたん)であるが、平安時代後期から斜めに反り上がるようになり、これを鯖尾(さばのお)という。禅宗様では高低差のある部材間に梁を架けるため、湾曲した梁が用いられるが、これを海老(えび)虹梁という。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の虹梁の言及

【社寺建築構造】より

…母屋の前方の柱上の組物と,後方の柱上の組物との間に梁がかけられる。梁は反っているので,虹梁(こうりよう)と呼ぶ。庇の柱は低いので,その上の虹梁は母屋の柱の中ほどにささる。…

※「虹梁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虹梁の関連情報