海道下(読み)かいどうくだり

精選版 日本国語大辞典 「海道下」の意味・読み・例文・類語

かいどう‐くだり カイダウ‥【海道下】

[1] 〘名〙 京都から東海道を下って東国に行くこと。東(あずま)下り。〔高野本平家(13C前)〕
[2] 中世謡物(うたいもの)で、当時の曲舞(くせまい)音曲一つ。京都から東国へ下る道中景物を述べたもの。道行きの類。
五音(1434頃)下「海道下・西国下は、只琳阿作書として、南阿観世曲付(ふしづけ)也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android