コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海間十郎 かいま じゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海間十郎 かいま-じゅうろう

1818-1873 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政元年7月13日生まれ。備前岡山の呉服商吉田屋十郎右衛門の養子。坂本竜馬,桂小五郎(のちの木戸孝允(たかよし))らと交遊し,岡山藩の密使として各地を偵察。明治2年の横井小楠(しょうなん)暗殺事件,4年の愛宕通旭(おたぎ-みちてる)事件に連座して,2度投獄された。明治6年11月18日死去。56歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。本姓は森本。名は静修。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

海間十郎の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android