コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海間十郎 かいま じゅうろう

1件 の用語解説(海間十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海間十郎 かいま-じゅうろう

1818-1873 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政元年7月13日生まれ。備前岡山の呉服商吉田屋十郎右衛門の養子。坂本竜馬,桂小五郎(のちの木戸孝允(たかよし))らと交遊し,岡山藩の密使として各地を偵察。明治2年の横井小楠(しょうなん)暗殺事件,4年の愛宕通旭(おたぎ-みちてる)事件に連座して,2度投獄された。明治6年11月18日死去。56歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。本姓は森本。名は静修。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

海間十郎の関連キーワード光の科学史梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席轟武兵衛地租改正

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone