コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海面官有宣言 かいめんかんゆうせんげん

1件 の用語解説(海面官有宣言の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいめんかんゆうせんげん【海面官有宣言】

明治政府が漁業制度について統一的な再編成に着手したのは1875年(明治8)である。同年2月太政官布告第23号をもって雑税の廃止が行われた。これは従来区々であった収税を統一するための第1の措置であったが,当面税金を徴収しないでは営業取締り上さしつかえるものは,当分地方において改めて収税する規定になっていた。漁業税もそれまで実に多種多様なものであり,当然雑税の一種として廃止されたが,同時に漁業生産は営業取締りの必要上,収税しなければならない性格を持つ場合が多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone