海面官有宣言(読み)かいめんかんゆうせんげん

世界大百科事典 第2版の解説

かいめんかんゆうせんげん【海面官有宣言】

明治政府が漁業制度について統一的な再編成に着手したのは1875年(明治8)である。同年2月太政官布告第23号をもって雑税廃止が行われた。これは従来区々であった収税を統一するための第1の措置であったが,当面税金を徴収しないでは営業取締り上さしつかえるものは,当分地方において改めて収税する規定になっていた。漁業税もそれまで実に多種多様なものであり,当然雑税の一種として廃止されたが,同時に漁業生産は営業取締りの必要上,収税しなければならない性格を持つ場合が多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android