コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消し炭 ケシズミ

デジタル大辞泉の解説

けし‐ずみ【消し炭】

まきや炭の火を途中で消して作った軟質の炭。火つきがよいので火種に用いる。 冬》「―に薄雪かかる垣根かな/召波
引き手茶屋の若い衆。いつでもすぐ起きるところからの称という。
「廊下を通る―をあらあらしく呼込んで」〈魯文西洋道中膝栗毛

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けしずみ【消し炭】

おこった炭火や燃えた薪まきの火を消して作った炭。火つきがよい。 [季] 冬。 《 -のすぐおこりたつ淋しさよ /虚子 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

消し炭の関連キーワードアイヌ語/おもな語彙と実用例朽ち木書き・朽木書きチャコールグレーチャコールグレイ消し炭黒消炭色火打石燠・熾焼筆素灰虚子

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消し炭の関連情報