コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭団 たどん

5件 の用語解説(炭団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭団
たどん

木炭の粉末を主原料とする固形燃料の一つ。木炭粉にのこ屑炭,コークス無煙炭などの粉末を混合し,布海苔,角叉,デンプンなどを粘結剤として球形に固めて乾燥させてつくる。一定温度を一定時間保つことができるのが特徴で,火鉢,こたつの燃料として愛用され,またとろ火長時間煮炊きするのに重用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

た‐どん【炭団】

粉炭(こなずみ)にふのりを加えて練り、丸くして乾燥した燃料。 冬》「炭取にいつから残る―かな/乙字
俗に、相撲の星取り表で負けの印。黒星。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

炭団【たどん】

木炭粉末に,フノリ糖蜜,壁土用糊料のツノマタなどを混ぜて,球形に固めて乾燥した固体燃料。火鉢,こたつ,あんかなどに用いる。円筒形にしたものは棒炭という。
→関連項目練炭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たどん【炭団】

木炭の粉末をデンプン,フノリツノマタなどで球形に固め乾燥した加工炭燃料。たどんの起りは不明だが,中国では3世紀頃の史書に加工炭の記述がある。日本にも平安時代に動物(獣)形に固めた獣炭が使われたと史書にある。また鎌倉時代に禅文化が,木炭の新用途であるこたつ,たどん,あんかを伝えたようで,そのころよりたどんは庶民の燃料として使用され,いろいろのことわざや俳句などにも出てくる。たとえば〈たどんに目鼻〉というのは不美人で色黒で,目鼻だちがはっきりしない顔のたとえである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たどん【炭団】

〔「たんとん」の転。「とん」は「団」の唐音〕
木炭や石炭の粉を布海苔ふのりでボール状に固めた燃料。 [季] 冬。
相撲の黒星の俗称。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭団の関連キーワード金粉銀粉澱粉質地下デンプン地上デンプンデンプン糖生デンプンリン酸デンプンデンプン(澱粉)化工デンプン(化工澱粉)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炭団の関連情報