引(き)手茶屋(読み)ヒキテヂャヤ

世界大百科事典 第2版の解説

ひきてぢゃや【引手茶屋】

遊廓にあった茶屋の一種。引手茶屋がもっとも発達した江戸吉原では,高級遊女と遊興しようとする客は,まず引手茶屋にいった。そこで芸者,幇間(ほうかん)らを招き,酒食をとって遊ぶうちに,指名の遊女が従者をつれて迎えにくるので,適当なころに同道して遊女屋へいくのが通常の遊興形式であった。吉原には古くから五十軒茶屋,編笠茶屋,揚屋茶屋などの休息所的な茶屋があった。これらの茶屋が客を案内して妓楼へつれていくようになり,さらに揚屋が衰滅するに及んで発展し,仲の町の両側を埋めつくすほどになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引手茶屋
ひきてぢゃや

遊廓(ゆうかく)で遊女屋へ客を案内する茶屋。江戸中期に揚屋(あげや)が衰滅した江戸吉原でとくに発達した。引手茶屋では、遊女屋へ案内する前に、芸者らを招いて酒食を供するなど揚屋遊興の一部を代行した形であった。そこへ指名の遊女が迎えにきて遊女屋へ同道した。引手茶屋の利用は上級妓(ぎ)の場合に限られたから、遊廓文化の中心的意義をもった。全盛期には仲ノ町の両側に並び尽くしたが、明治中期ごろから急速に衰退した。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひきて‐ぢゃや【引手茶屋】

〘名〙 江戸時代、吉原遊郭や岡場所で、遊客を遊女屋に案内する茶屋。また、その店の者。遊里内にあって、遊客を遊女屋へ送り迎えしたり、酒宴をさせたりする家。一流の遊女屋は、直接に客を店にあげないで、必ずこの茶屋を通す風習であった。引手。
洒落本・寸南破良意(1775)一座「『よる所がある』と、引手茶や、ゐばらき屋へよる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報