コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消去法 ショウキョホウ

デジタル大辞泉の解説

しょうきょ‐ほう〔セウキヨハフ〕【消去法】

連立方程式の標準的な解法。いくつかの未知数を順に消去していき、最後に未知数1個を含む方程式を導いて解く方法。さかのぼって他の未知数の解も得る。
複数の物事の中から何かを選び出す際に、条件に合わないものを除外していき、残ったものを採用する方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうきょほう【消去法】

〘数〙 連立方程式で消去により順次未知数を減らし、最後に一つの未知数だけの方程式にして解いていく方法。特に連立一次方程式の加減法をいうことがある。
多様な選択肢が考えられる場合に、偽りのもの、不利のものから順次消してゆき、最後に残ったものを正しいとする方法・考え方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

消去法の関連キーワードディフェンシブストック連立一次方程式疫学的因果関係シルベスター消去(数学)連立方程式応用数学日本思想陰面消去数値計算ポアソン未知数行列式加減法偽り消去

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消去法の関連情報