コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消去法 ショウキョホウ

2件 の用語解説(消去法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうきょ‐ほう〔セウキヨハフ〕【消去法】

連立方程式の標準的な解法。いくつかの未知数を順に消去していき、最後に未知数1個を含む方程式を導いて解く方法。さかのぼって他の未知数の解も得る。
複数の物事の中から何かを選び出す際に、条件に合わないものを除外していき、残ったものを採用する方法。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうきょほう【消去法】

〘数〙 連立方程式で消去により順次未知数を減らし、最後に一つの未知数だけの方程式にして解いていく方法。特に連立一次方程式の加減法をいうことがある。
多様な選択肢が考えられる場合に、偽りのもの、不利のものから順次消してゆき、最後に残ったものを正しいとする方法・考え方。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消去法の関連情報