コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消極哲学 しょうきょくてつがくnegative Philosophie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消極哲学
しょうきょくてつがく
negative Philosophie

ドイツ観念論の哲学者 F.シェリングが使った言葉で,積極哲学に対するもの。シェリングは I.フィヒテの知識学から出発して独自の自然哲学をたて,それを同一哲学として体系化した。しかし以後,ヘーゲル哲学が主流をなすに及んで,ヘーゲル哲学への批判を介して,絶対者としての神の超越性を強調するにいたり,この超越性を論理的媒介の内へと解消してしまうようなヘーゲル哲学,および,その基礎となったと自認するおのれの同一哲学は単に理論的に神の存在を想定するだけで,決して超越としての神の現存へはいたり得ないという意味で消極的な哲学であると考えた。この消極哲学の限界を克服するものこそ,真の積極的な哲学であり,それは神話と啓示の哲学なのであった。そのかぎりでは消極哲学は積極哲学の基礎となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消極哲学
しょうきょくてつがく
negative Philosophieドイツ語

後期シェリングの用語。ものの本質を問うだけで実存にまで至りえない従来のすべての哲学をいう。本質は実存の消極的条件にすぎないから、こうした哲学は偏頗(へんぱ)であるが、本来の積極哲学に到達するためには不可欠であるとされる。[藤澤賢一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消極哲学の関連情報