偏頗(読み)へんば

精選版 日本国語大辞典「偏頗」の解説

へん‐ば【偏頗】

〘名〙 (形動) (「へんぱ」とも) かたよって不公平なこと。えこひいきすること。また、そのさま。
※東大寺文書‐康保元年(964)一一月二三日・伊賀国夏見郷薦生村刀禰解案「而依彼寺任意符告、無由辨定、阿容偏已以多端」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※信長記(1622)一五上「主人たるものは、何事も贔屓偏頗(ヘンバ)あるべからず」 〔晉書‐熊遠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「偏頗」の解説

へん‐ぱ【偏×頗】

[名・形動]《「へんば」とも》かたよっていて不公平なこと。また、そのさま。
「少し―な僻論であると私には思われた」〈寅彦・自由画稿〉
[類語]先入観先入主先入見僻目ひがめ贔屓目ひいきめ欲目固定観念偏る不公平不平等偏する僻する偏向偏見偏在偏重差別片手落ちバイアスアンフェア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「偏頗」の解説

【偏頗】へんぱ

不公平。唐・杜甫〔秋、行官張望、東渚の耗稲(の草とり)を督促す~〕 上天頗無し (ほはい)(がまと、ひえ、雑草の類)各自に長ず

字通「偏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android