偏頗(読み)ヘンパ

  • へんば
  • 偏×頗

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《「へんば」とも》かたよっていて不公平なこと。また、そのさま。
「少し―な僻論であると私には思われた」〈寅彦・自由画稿〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) (「へんぱ」とも) かたよって不公平なこと。えこひいきすること。また、そのさま。
※東大寺文書‐康保元年(964)一一月二三日・伊賀国夏見郷薦生村刀禰解案「而依偏彼寺任意符告、無由辨定、阿容偏頗已以多端」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※信長記(1622)一五上「主人たるものは、何事も贔屓偏頗(ヘンバ)あるべからず」 〔晉書‐熊遠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏頗の関連情報