コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏頗 ヘンパ

デジタル大辞泉の解説

へん‐ぱ【偏×頗】

[名・形動]《「へんば」とも》かたよっていて不公平なこと。また、そのさま。
「少し―な僻論であると私には思われた」〈寅彦・自由画稿〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんぱ【偏頗】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「へんば」とも〕
考え方や立場などが一方にかたよっていること。不公平なこと。また、そのさま。 「何方どちらを贔負ひいきするなんて、-な考は有つてませんわ/魔風恋風 天外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偏頗の関連キーワード偏・変・扁・片・篇・編・變・貶・辺・返・遍・邊・騙比較文学山梨半造消極哲学片手落ち否認権気質物外相偏私過甚除斥

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏頗の関連情報