コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費組合 ショウヒクミアイ

百科事典マイペディアの解説

消費組合【しょうひくみあい】

小売商を経ず直接生産者または卸商から日常物資を大量に購入し,組合員の消費者に廉価で供給する組織。英国のロッチデール組合に始まる。日本では明治10年代からみられ,産業組合法(1900年)で購買組合の一種として認められ,第2次大戦後は消費生活協同組合になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうひくみあい【消費組合】

協同組合の一。旧産業組合法によるもので、現在は消費生活協同組合という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

消費組合の関連キーワードジード(Charles Gide)アルベール トーマ加藤 忠右衛門ライフアイゼン助川 啓四郎米よこせ運動阪本 清一郎共同印刷争議平塚らいてう石川 三四郎拮抗力の理論塚原 健二郎C. ジードロッチデール戸沢 仁三郎消費組合運動長谷川 保高野房太郎平田 のぶコスイギン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android