コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費組合 ショウヒクミアイ

百科事典マイペディアの解説

消費組合【しょうひくみあい】

小売商を経ず直接生産者または卸商から日常物資を大量に購入し,組合員の消費者に廉価で供給する組織。英国のロッチデール組合に始まる。日本では明治10年代からみられ,産業組合法(1900年)で購買組合の一種として認められ,第2次大戦後は消費生活協同組合になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうひくみあい【消費組合】

協同組合の一。旧産業組合法によるもので、現在は消費生活協同組合という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

消費組合の関連キーワード酒井雄三郎アンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩

消費組合の関連情報