コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼン

デジタル大辞泉の解説

ぜん【涎】[漢字項目]

[音]ゼン(呉) セン(漢) [訓]よだれ
よだれ。「垂涎流涎

よ‐だり【×涎】

鼻汁や涙など、流れて垂れるもの。
「―を以て青和幣(あおにぎて)となす」〈神代紀・上〉
よだれ」に同じ。
「歯落ちて―を垂る」〈今昔・一・六〉

よ‐だれ【×涎】

口から無意識に流れ出る唾液(だえき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よだり【涎】

よだれ。 〔新撰字鏡〕

よだれ【涎】

〔「よだり」の転〕
口の外に流れ出る唾液だえき。 「 -を流す」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

涎の関連キーワード黒かび病(ストロベリークローバ)黒かび病(クリムソンクローバ)黒かび病(アカクローバ)酒石酸エルゴタミンパラチオン中毒アンバーグリス畔柳 都太郎ニコチン中毒商いは牛の涎唾液分泌過多水胞性口炎ムスカリン涎を垂らす口を過ごすコルタサル唾を引く天然香料一庵一麟小倉無邪玉龍雪山

涎の関連情報