(読み)よだれ

精選版 日本国語大辞典「涎」の解説

よ‐だれ【涎】

〘名〙 (「よだり」の変化した語) 不随意的に唾液が口から流れ出るもの。唾液の分泌過多によるものと、口輪筋の収縮不全または嚥下(えんげ)障害によるものがある。〔文明本節用集(室町中)〕
※評判記・難波物語(1655)「しさいらしくつぶやくひげ口の、よだれ見ぐるし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「涎」の解説

よ‐だり【×涎】

鼻汁や涙など、流れて垂れるもの。
「―を以て青和幣あおにぎてとなす」〈神代紀・上〉
よだれ」に同じ。
「歯落ちて―を垂る」〈今昔・一・六〉

ぜん【涎】[漢字項目]

[音]ゼン(呉) セン(漢) [訓]よだれ
よだれ。「垂涎流涎

よ‐だれ【×涎】

口から無意識に流れ出る唾液だえき
[類語]つば唾液つばき生つばかたず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android