コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深沢雄象 ふかさわ ゆうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深沢雄象 ふかさわ-ゆうぞう

1833-1907 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)4年10月27日生まれ。深沢利重の義父。もと上野(こうずけ)前橋藩士。明治3年前橋に日本最初の藩営器械製糸場を創設。廃藩置県後,8年研業社,11年精糸原社を設立した。ロシア正教に入信し,布教にもつとめた。明治40年8月5日死去。75歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

深沢雄象の関連キーワード深沢 利重速水堅曹

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android