コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深津市 ふかつのいち

3件 の用語解説(深津市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深津市
ふかつのいち

奈良時代,備後国深津郡内にあった市場。現在の広島県福山市といわれる。『日本霊異記』に,宝亀9 (778) 年備後国葦田郡の人が正月の買物のため,この市へ行く途中,どくろを供養した話や,讃岐の人が同市で馬を買ったことなどがみえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふかつのいち【深津市】

日本古代の市の一つ。《日本霊異記》下巻27に見える。それによると,宝亀8年(777)12月下旬に,備後国葦田郡屋穴国(やなくに)郷の穴君弟公(あなのきみのおとぎみ)と伯父の秋丸は,正月元日の物を買うために深津市に向かうが,その途中で秋丸は弟公を殺し,所持する馬・布・綿・塩を奪い,馬は深津市で讃岐国人に売った。その翌年12月下旬,同郡大山里人の品知牧人(ほむちのまきひと)が殺害現場で野宿し,弟公のどくろを供養したため,深津市での取引がうまく運び,饗応にもあずかったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深津市
ふかづのいち

日本古代の市。『日本霊異記(にほんりょういき)』下巻第27話によると、8世紀後半の備後(びんご)国(広島県)深津郷に存在し、正月行事用の奢侈(しゃし)品を含む諸物資が売買され、讃岐(さぬき)国(香川県)などからも人が集まる中部瀬戸内の中心的な市であったことがうかがえる。現在の福山市蔵王(ざおう)町宮の前から仁伍(にご)付近(旧名、市村)に比定する説が有力である。この地は芦田(あしだ)川によって備後国府(神辺(かんなべ)町もしくは府中市)との結び付きの濃い地域であり、港の深津港とともに深津市も国府との結び付きが深かったと考えられる。[栄原永遠男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の深津市の言及

【市】より

…これに対して〈餌香市〉〈阿斗桑市〉は,河内の交通の要地に立地した市であるが,河内以外にも《日本書紀》天武1年(672)7月壬子条にみえる近江の〈粟津市〉のごとく各地に市が存在していたとみてよい。 8世紀以降の奈良時代~平安初期においても,上述の市は存在し続けるが,それ以外にも《万葉集》に駿河国の〈安倍市〉,《日本霊異記》に美濃国の〈小川市〉,備後国の〈深津市〉,大和国の〈内(宇智)の市〉,紀伊国の〈市〉などが見える。このほか《風土記》にも商人の集まる場所が見えるから,各地に小規模な市が数多く存在したのであろう。…

【備後国】より

…当国では延暦年間(782‐806)まで調として主として絹糸を納めていたが,山間部の諸郡では鉄が採れるけれども養蚕に不便なため,805年に神石など8郡の調の絹と糸とを鍬,鉄に代えて納めることが許可された。深津(現,福山市)には奈良時代末期に市が立っており(深津市(ふかつのいち)),《日本霊異記》には近在の人だけでなく讃岐国からも人が来た話が載っている。平安末期に一宮の制ができると吉備津神社が一宮とされた。…

※「深津市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

深津市の関連キーワード軽市童謡日本霊異記霊異記日本国現報善悪霊異記小川市観規吉田晶《日本国現報善悪霊異記》《霊異記》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone