コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混成集積回路 こんせいしゅうせきかいろhybrid integrated circuit

3件 の用語解説(混成集積回路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混成集積回路
こんせいしゅうせきかいろ
hybrid integrated circuit

ハイブリッド ICともいう。半導体集積回路,薄膜や厚膜回路,単独の部品などを組合せてつくった集積回路のこと。トランジスタダイオードなどを半導体素子でつくり,抵抗,コンデンサコイルおよびそれらの間の結線を薄膜または厚膜回路でつくるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんせいしゅうせきかいろ【混成集積回路 hybrid integrated circuit】

集積回路は構成技術の面から,膜集積回路,半導体集積回路,混成集積回路の3種に大別することができる。膜集積回路セラミックスなどの絶縁基板上に導電体や誘電体の膜を形成し,これらを相互接続して集積回路としたものである。しかしこれだけでは複雑な機能を実現することができないため,これに半導体集積回路などを取り付けて回路としたものが混成集積回路である。混成集積回路は,一般に素子に対する要求精度が高い回路,高電力あるいは高耐圧の回路,高周波回路などを作るのに適しており,また,多品種少量生産のために量産効果が期待できないもの,あるいは開発期間が短いために半導体集積回路で実現することが困難な回路にも適している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

混成集積回路の関連情報