コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清の美術 しんのびじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清の美術
しんのびじゅつ

中国, (1616~1912) の美術は絵画,工芸において注目すべき発展をみせた。絵画は明末の呉派南宗画の様式を継いだもので,画風は形式化した。清以前の画壇画院を中心に発展したのに対し,清では職業画家,非職業画家の対立がなくなった。このなかで揚州八怪金陵八家など個性的な画家も輩出。陶磁では景徳鎮窯が再建されて活発に制作が行われ,康煕・乾隆年間の官窯は多くの名品を生産した。乾隆ガラスと称される特殊なガラス器も制作されている。このほか玉器,染織にもみるべきものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

清の美術の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門清の時代(年表)モーラ本多正信坂崎直盛ヌルハチ(奴児哈赤)ベレンガリレイ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android