コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清客 セイカク

デジタル大辞泉の解説

せい‐かく【清客】

世俗を脱した人。風流人。
別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかく【清客】

風雅な客。 「茶山の言ことは長崎にある新旧の-に及び/伊沢蘭軒 鷗外
梅の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

清客 (セイカク)

植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物。ウメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の清客の言及

【楽師】より

…すでに唐代,妓館に現れた彼らは,明朝では《金瓶梅詞話》に見えるごとく(16世紀),恋唄を歌い,箏,琵琶,三弦をこなして妓女に稽古をつけた。また文人に琴を教えた清客と呼ばれた琴師など,俗音楽は流派ごとに師弟関係をもって流伝した。天才の出現が新流派を生じて師となり,新しい伝統をつくりあげてきたのである。…

※「清客」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

清客の関連キーワード名花十二客伊沢蘭軒風流人世俗茶山

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android