清客(読み)セイカク

大辞林 第三版の解説

せいかく【清客】

風雅な客。 「茶山の言ことは長崎にある新旧の-に及び/伊沢蘭軒 鷗外
梅の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

清客 (セイカク)

植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物。ウメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐かく【清客】

〘名〙
① 風雅な客。上品な客。世俗を離れた人。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の任務「清客亦た為に敬服するもの少からず」
② 植物「うめ(梅)」の異名。
※伊京集(室町)「清客 セイカク 梅異名也」 〔三余贅筆‐十友十二客〕
③ 遊芸の師匠。〔桃花扇‐伝歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の清客の言及

【楽師】より

…すでに唐代,妓館に現れた彼らは,明朝では《金瓶梅詞話》に見えるごとく(16世紀),恋唄を歌い,箏,琵琶,三弦をこなして妓女に稽古をつけた。また文人に琴を教えた清客と呼ばれた琴師など,俗音楽は流派ごとに師弟関係をもって流伝した。天才の出現が新流派を生じて師となり,新しい伝統をつくりあげてきたのである。…

※「清客」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android