コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清川蓮 きよかわ れん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清川蓮 きよかわ-れん

1840-1862 江戸時代後期の女性。
天保(てんぽう)11年生まれ。出羽(でわ)田川郡(山形県)の人。おさないころ里子にだされ,のち遊女となる。安政2年尊攘(そんじょう)運動家清川八郎と出あい,4年江戸にでて神田お玉ケ池で同棲。文久元年町人を無礼討ちにした清川の逃走中に捕らえられ,2年8月7日牢内で死去。23歳。獄舎火事で焼死したとも,毒殺されたともいう。初名ははつ,たか代。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清川蓮の関連キーワード天保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android