コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水道竿 しみず どうかん

美術人名辞典の解説

清水道竿

江戸前期の茶人。石州流清水家の三代。仙台藩茶頭清水道閑の世嗣。本名は馬場氏、初名は道斎、号は釣玄・耕閑子、竿道竿と称する。養父道閑から遠州流を、松浦鎮信藤林宗源に石州流を学んだ。元文2年(1737)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水道竿 しみず-どうかん

1666-1737 江戸時代前期-中期の茶人。
寛文6年生まれ。清水動閑の養子。陸奥(むつ)仙台藩主伊達綱村・吉村に茶頭(さどう)としてつかえる。動閑に遠州流と石州流を,松浦鎮信(まつら-しげのぶ)と藤林宗源(そうげん)に石州流をまなんだ。元文2年6月30日死去。72歳。本姓は馬場。通称は竿道竿(さおどうかん)。別号に道斎,釣玄,耕閑斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水道竿の関連キーワード旧有備館および庭園安達雲斎(初代)清水道簡谷村三育谷村三夕斎藤頼母

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android